低位ETS

一般的に受け取れる拳固汗の解きほぐし方法手当の1つに「ETS」があります。
一般的なETSでは、第2、第3胸部の交感神経を遮断します。
第2など高位の交感神経ほど、拳固汗などの発汗を制する効果は高くなるのですが、反発として思える代償性発汗が起こる域も高くなってしまう。

低位ETSでは、これらの第2、第3の交感神経の切断を行いません。
その代わり、第4の胸部交感神経を遮断します。
拳固汗の事態は若干あるのですが、反発としてひどい代償性発汗は回避できます。
保湿剤が手放せないといったことにもなりません。
拳固汗の引き下げ方法としては最良ではありませんが、リスクヘッジのことを考えるとより安全に行えるケアだ。

低位ETSの執刀はワンデイで見込める執刀だ。
両ワキの下を3mmほど切って細径胸腔鏡で、第4交感神経のみを遮断します。
第4交感神経を遮断するため、手の内の過剰な発汗は停止して、代償性発汗が起こるあたりも軽症で済みます。
第2交感神経まで遮断してしまうと、手の内だけではなく、面構えなどからも全然汗がでなくなります。
但し代償性発汗はかなり高度となります。
そのため世界的にも第2交感神経は遮断しない方がいいという思考が広まってきています。

第4交感神経の遮断を通じて、第三者って拳固をつなぐとか、字を書くとか、毎日によって拳固汗がひどくて気になることはなくなります。
ほんの少しの拳固汗は正常な体勢だ。
第2、第3を遮断してしまいとっても汗をかかなくなると、今度は肌が乾燥しすぎてしまい、ハンドクリームで潤いを加えなければドライになってしまうという心配も出てきます。

執刀は両手合わせて10パイ程度で終わるものです。
傷口も3mmという狭苦しいだ。
執刀の直後から拳固汗は滅多になくなります。
全身麻酔で行なうのですが、執刀あと3時間から4時間で退院可能なのでワンデイ執刀ができます。
抜糸、殺菌なども不要なので、執刀の翌日にはシャワーが浴びられて、翌々日には入浴ができます。

「ビューホット」は、針が無数についた機器を手の内にあてて、汗腺を高周波で破壊する拳固汗の解きほぐし方法だ。
ビューホットの治療技は、アイシングバージョンで肌を冷ましながら、手の内に細い針を刺していきます。
針のスポットから高周波のフラクショナルRFと呼ばれるエナジーが出て汗腺を破壊して、拳固汗を止める治療方法だ。
段階的に深度を取り替えることができる結果、射光抜け目も少なくて汗腺って見落としません。

拳固汗の引き下げ方法としては、汗が出る汗腺だけ効率的に高周波のエナジーで破壊する技なので、汗の高を敢然と押さえ付けることができます。
ビューホットは、美容外科や確立外科で行ってある。
こういう治療方法は保険適用外となっている結果自前だ。
治療費は30万円程度かかるようです。
両手の手当を行うと1回に20パイから半ぐらいかかります。
これを1回、あるいは2回行うことになります。

ビューホットの見どころとしては、他の執刀のように切開しないため疼痛も浮腫も多分ありません。
傷跡も残りません。
冷却しながら行っていくので、火傷、シミをおこす心配もありません。
こういう治療方法は交感神経へ方法しないで、汗腺にダイレクト作用させる結果、代償性発汗も起こりません。
手当を行えば、効果は半永久的に貫くそうなので、何度も手当を受けなければいけないというわずらわしさもありません。
効果は手当直後から直ちに出てきます。

弱点としては、治療費が厳しいことです。
また初々しい治療方法なので、治療ができる病院はまったく数少ないことも不便な面だ。https://疲れが取れない.xyz/